無料試し読みはこちら>>

リアルレンジャー リアルピンクが主役!?悪党どもから衣装をはぎ取られ・・

【募集】リアルピンク

これだわ!

桃子は戦隊レンジャーの募集チラシを見つけ撮影に行ってみると・・・

 

人気同人漫画家・さいこ先生のヒット作「半身おもちゃ17巻

半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで…-17巻

リアルレンジャー 前編・後編

のあらすじ・ネタバレ・感想です。

▼会員登録なしで無料試し読みできる▼

リアルレンジャー リアルピンクが主役!?内容がハードすぎる あらすじ・ネタバレ

コンビニで立ち読みしていると、ふとある募集広告が目に入った。

【募集】 リアルピンク

戦隊ものリアルレンジャーのピンクレンジャーの募集を見つけて、

桃子は「これだ!」と思いつく。

 

戦隊ものと言えばみんなのヒーロー。

その中でもピンクは紅一点。

ヒロインに抜擢されたら有名になれるチャンス!

 

見事ピンクレンジャー役に決まり、初めての撮影現場。

桃子は緊張のおももちでスタジオへ入った。

ドキドキ

ピンクレンジャーの衣装に着替え、他のリアルレンジャー達に自己紹介する。

桃子の衣装がちょっと薄っぺらいのか、ノーブラなのか。

 

オッパイの形や乳首がツンと尖っているのがわかる。

 

身体のラインもバッチリわかり、なんとなく衣装のしょぼさは否めない。

「初めまして。今日からリアルピンクを務めさせていただくことになりました桃子と言います。

よろしくお願いします」

 

「ああ、よろしく」

 

赤レンジャーや青レンジャー、黄レンジャー達に元気よくあいさつする桃子。

まだこの時点では何も気づかない桃子。

 

よく見ると、リアルレンジャー達がなんかおかしい。

太ってる戦隊レンジャーとかアリなのか?

うーん、戦隊モノの隊員は普通スタイルいいと思うのだが?

もうひとつ。

リアルレンジャー達、全然カッコよくない。

オジサン?

なんか変?

桃子は緊張のあまり全然そんなこと気づいてなかったけどね。

 

そして、リアルピンク桃子の自己紹介のあと、ボソッとつぶやいたリアルレンジャー達の言葉。

「あんな清楚でかわいい子が・・・」

「見かけによらないな」

「あー、オレも悪役が良かった!」

ん!!

なんのこと?

撮影開始の前に、監督から演技の注文が入る。

「桃子ちゃん、このリアルレンジャーはピンクレンジャーが主役だからね。

セリフや演技はすべてアドリブでいいよ。のびのびやってね」

 

監督の言葉に、

”私が主役?”

頭の中でちょっとだけ疑問もわいたが、主役という大事な役どころをもらいさらに身が引き締まる。

「それじゃあ、撮影始めるよ、ヨーイ」

悪の軍団たちとの対決シーン。

キキーッ

クエッツ

キキーッ

 

歯をむき出しに眼は大きく見開き血走る。

するどい動きのアクションに桃子は感動する。

やっぱりプロの演技はすごいわ・・

 

次々に悪の軍団たちがリアルレンジャーを取り囲み、

リアルブルー、リアルレッドとひとりひとり倒していく。

ドンッ

ガッ

ズドンッ

「キャーッ」

思わず声をあげるリアルピンク。

おそるおそる顔を上げるとみんな全滅していた。

 

残るは桃子のリアルピンクのみ。

「残ったのはピンクレンジャーのみか!さあどうしてくれよう」

悪の帝王が桃子をキッとにらむ。

 

ピンクレンジャーはあっけなく捕まり体を押さえつけられていた。

「ひとりでも負けないわよ!」

強気にでるピンクレンジャー。

 

ほお、いい度胸じゃないか。そしていいカラダをしているな

そう言って悪の帝王はスケスケの桃子の乳首をツンツン

ムギューッ

いきなりオッパイをわしづかみにすると、

 

桃子の巨乳を両手でムギュムギュもみ始めた。

「えっ!!」

「きゃーっつ!」

 

「覚悟しろ!リアルピンク。今からたっぷりと魔族の恐ろしさを思い知らせてやる!」

何?コレ?この撮影おかしいわ!

そう言うと、悪の帝王は桃子のおっぱいをさらに揉み続け、

おまんこを指でまさぐり始めた。

キャーッ!!

いやーっつ

誰か!

 

グリグリと指でおまんこにねじ込んでいく。

 

スケスケのリアルピンクの衣装は桃子のおまんこの形がくっきりと現れた。

うひょひょ まんこの形がモロにわかるぞ

悪党たちにカラダを拘束され身動きがとれない。

「イヤーッ!!」

 

さらにまんこを指で刺激されクリが大きくなっていく。

 

そして、桃子のおまんこをギュッとつかむとリアルピンクの衣装がバリッっと音を立てて破れ裂いた。

 

白い肌のピチピチの巨乳をおまんこが丸見え。

悪党たちは桃子のカラダをめがけ一斉に・・・

▼エログロ漫画好きなら▼

半身おもちゃ17巻リアルレンジャー 戦隊モノじゃな~い!ピンクレンジャーピンチ!感想

イヤな予感的中。

だって、あんな太っちょの戦隊レンジャーいないわよ。

 

どうやって動く?

このリアルレンジャーは戦隊モノじゃないわ。

まあ、最初の広告はぱっと見、本物のピンクレンジャー募集に見えたけど。

あの、薄っぺらい戦隊衣装はありえない。

 

しかも、なんで桃子ちゃん、ノーブラなのか?

乳首がスケスケで最初からツンと立ってるのが気になった。

あんなうっすい衣装でアクション無理よ~

 

お尻の形もバッチリわかるし。

かわいそうに。

戦隊モノのレンジャーでピンクが主役って何?

ピンクが主役のストーリーなのか?

 

しかも、他のリアルレッドやリアルブルーとかへなちょこだし。

弱すぎる~

リアルピンクが捕まって、オッパイモミモミされてからやっと気づいたわね。

 

遅いわよ~

そんな台本もない戦隊レンジャー怪しさ満載だわよ。

何も知らない桃子ちゃん、悪党どもからヤラレ放題だったじゃない。

 

衣装は裂かれて、おっぱい丸出しにされて・・

監督は満足そうだったけど。

この「半身おもちゃ リアルレンジャー」も胸くそ悪いストーリーでした。

今まで、「半身おもちゃ」を読んできて、どれもこれも胸くそ悪いと思ったけど、

やっぱりこれもそうでした。

後味悪いラストです。

ああ・・もう読むのやめようかな。

▼エログロ漫画好きなら▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です