無料試し読みはこちら>>

半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで…10巻 知らねーし

人気エロ漫画家・さいこ先生のヒット作

半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで…

10巻「知らねーし」前編・中編・後編

 

今回の主人公は、

「毎日つまんね~なんかないかな」

 

代わり映えしない日々のストレス発散で、痴漢にあったとウソをついては男たちの人生を狂わせ奈落の底に落としていく少女。

 

他人を不幸に陥れることで満足感を得ていた少女に男達からの逆襲が始まった。

絶対領域を侵すモノ ネタバレ

「半身おもちゃ」人気キャラクターBEST3半身おもちゃ-身動きの取れない女の子を弄んで…9巻 絶対領域を侵すモノ 痛い!公衆トイレで処女喪失

▼「半身おもちゃ」▼

半身おもちゃ10巻 知らねーし あらすじ・ネタバレ

「おもしろくないな・・」

「なんかおもしろいことないのかよ。」

 

「つまんね。」

褐色の少女はひとり電車に乗っていた。

 

日々のうっぷんが溜まって近寄りがたいオーラをだしている。

少女はあることを思いついた。

混み合う電車内。

満員電車。

周りを見渡す。

目の前の冴えない中年サラリーマンに目を付ける。

 

コイツ、うだつの上がらないサラリーマンってとこか。

お前の人生今日で終わった。

さあて。

きゃーつ!!この人痴漢です!

「捕まえてください!」

 

ギロッ!!

電車内の乗客が一斉に少女の方を向く。

「この人です!」

「誰か~助けて~」

 

少女の声はむなしく叫びわたるが誰も助けようとはしない。

それどころか乗客の男たちが少女の周りを取り囲んだ。

異変を察する少女。

 

何?

すると一人の男が、

「やっぱりお前か。オレたちをチカン扱いしやがって!」

「お前のせいでオレの人生めちゃくちゃになったんだぞ!」

 

なんと、少女はうさ晴らしに電車内でめぼしい男を見つけては痴漢されたと騒ぎ、その男の人生をめちゃくちゃにして楽しんでいたのだ。

 

家族や仕事を奪われ、いわれもない痴漢えん罪のために人生を棒に振ってきた男たち。

 

電車内の乗客はこの少女からやってもいないチカン行為をつるし上げら社会から見捨てられたのだ。

暗い顔をした男たちは少女のカラダを抑え込む。

 

あっという間に腕をつかまれ制服のスカートの中をまさぐられる。

パンティーの上からおまんこに手が伸び・・

「オレにもさせろ!」

「次はオレだ!」

被害にあった男性たちが口々に叫んでいる。

恐怖を感じる少女に男たちは容赦なく襲いかかる。

▼「半身おもちゃ」▼

半身おもちゃ10 知らねーし 胸くそ悪さナンバーワン!感想

またまた胸くそ悪いシリーズです。

自業自得と言えばそうなんだけど、ちょっと少女がかわいそすぎる。

 

たしかに、自分の憂さ晴らしのために痴漢をでっちあげるのはよくない。

車両いっぱい痴漢にしたてあげられた男だらけ。

顔面が暗いのでよけいに恐怖を感じます。

 

この少女が乗ってくるのを待ってたなんて。

あんなに痴漢騒動やってたらそりゃ復讐されるわ。

 

痛いのが好き、怖いのが好みの性癖の持ち主のかたはドンピシャです。

私、痛いのもイヤ。

恐いのもイヤ。

 

うぇ~っと言いながら読みました。

だって、集団で少女を犯しまくって、気持ち悪いよ~

 

直視できない。

でも見なきゃ。

 

すごい体位でヤラれてます。

絶対に許さない感じです。

 

犯されてる途中、少女が許しを請う場面があります。

まだ少女のほうも、

「ああ、ゴメン!悪かった」

的な感じで犯されてるのに危機感無い感じだったもん。

そんなんじゃ許してもらえないよ。

 

最後の最後までヤラレ続け、少女はその後どうなったのか?

またまた胸くそ悪い、痛いシリーズでした。

ああ、半身おもちゃ、やっぱムリだわ。

▼「半身おもちゃ」▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です